化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

コラム一覧 06 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

コラム一覧 06 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

コラム一覧

化粧水っていつも使う割には無頓着になっちゃいませんか?
化粧水について知って、最適な化粧水の選び方やベストな使い方などを見直せば、あなたのお肌にもっと効果をもたらしてくれるかもしれません、ぜひご覧ください!

化粧水の保存方法を工夫して長持ちさせよう

2017.03.25

化粧水の保存方法を工夫して長持ちさせよう

化粧水の保存は特に記載がない場合、常温で保存できるように作られています。そのため、化粧水は常温保存で十分なのです。ほとんどの化粧水に「直射日光や高温多湿を避ける」ように記載されているので、それを避けようと化粧水を冷蔵庫で保存されている人もいるのではないでしょうか。実は、冷蔵庫は化粧水の保存場所としては不向きな点があります。化粧水は冷蔵保存によって、成分の一部が結晶化してしまうことがあるのです。
成分が結晶化してしまった化粧水では効果が薄くなってしまったり、肌を傷つけてしまう可能性も出てきます。また、冷蔵庫で保存している化粧水を使うときに常温に戻して、使った後はまた冷蔵庫へ、といったように温度変化を繰り返してしまうと品質の劣化に繋がります。せっかくのスキンケアが化粧水の保存で台無しになってしまうこともあるので、注意が必要です。直射日光が当たるなど高温になる場所でも劣化してしまうので、冷暗所に置くことをおすすめします。多湿になる場所では余計な水分が入ってしまい、変質してしまうこともあるので気を付けましょう。
夏場などどうしても部屋自体が高温になってしまう場合は、冷蔵庫に入れた方が良いこともあります。化粧水を冷蔵庫に入れる場合は、冷やしすぎないようにタオルなどで包んで、野菜室に入れることをおすすめします。夏場の日焼け後など冷たい化粧水を使いたいときも、同様にタオルで包んで野菜室保存が良いでしょう。温度変化は出来るだけ避けた方が良いので、夏前までに常温保存の化粧水を使い切り、夏場は使い切れる量の化粧水を野菜室保存するという方法もあります。また、野菜室は野菜についていた土などで汚れていることもあるので、化粧水を入れる場合は衛生面でも十分に気を付けましょう。

続きを見る

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら