化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

コラム一覧 03 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

コラム一覧 03 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

コラム一覧

化粧水っていつも使う割には無頓着になっちゃいませんか?
化粧水について知って、最適な化粧水の選び方やベストな使い方などを見直せば、あなたのお肌にもっと効果をもたらしてくれるかもしれません、ぜひご覧ください!

肌が保てる水分量には限度がある!化粧水は付ける回数と時間が重要!

2017.11.24

肌が保てる水分量には限度がある!化粧水は付ける回数と時間が重要!

「毎日きちんと化粧水をつけているのに肌がカサカサする」「保湿力の高い化粧水を使っているのに効果が感じられない」そんな時は一度、化粧水のつけかたを見直してみることをおすすめします。

まず、洗顔後はなるべく早く、遅くても5分後には化粧水をつけるようにしてください。時間をあければあけるほど肌の乾燥が進んでしまい、シワなどの原因になることもあるので注意しましょう。

そのようなタイミングはもちろんのこと、一回あたりにつける化粧水の量にも注意しなければいけません。実は、肌が一回あたりに水分をキープできる量には限界があります。一回に大量の化粧水をパッティングしたとしても、肌内部には浸透せずに蒸発していることも多いのです。 化粧水の一回あたりの適量はパッケージに書いてある分量を基準にしてください。よく500円玉大などと記載されていますが、個人差もあるので自分の肌質にあった量をつけるようにしましょう。

化粧水をつける時はコットンを使わないハンドプレスもひとつの方法です。手を使うことによって肌への染み込み具合をしっかりと確かめることができるのは大きなメリットといえます。

そのようにして手を使ってみると、パッケージに表示されている一回分の適量では顔全体を潤すことはできないことが実感できると思います。一回目のハンドプレスが終わったところでなんとなく潤ったように思っても、またすぐ乾燥を感じることでしょう。

肌のすみずみまで潤いを補給するには、一回、二回、三回……と、数回に分けてハンドプレスすることをおすすめします。一回目は顔全体、二回目は小鼻や目の回りなどの細かい部分、三回目はほうれい線など気になるところを重点的にと何回かに分けることによって、化粧水の浸透力もよりアップさせることができるでしょう。

続きを見る

化粧水をつけるときのハンドプレスはどれぐらい?化粧水が肌全体に染み込んだサインとは?

2017.11.17

化粧水をつけるときのハンドプレスはどれぐらい?化粧水が肌全体に染み込んだサインとは?

化粧水のつけ方としては、化粧水をたっぷり含ませたコットンでピタピタとパッティングする方法が一番メジャーかもしれません。しかし、最近ではハンドプレス派の人が増加中というのはご存じでしたでしょうか。

当たり前のようにコットンを使ってきた人も多いかもしれませんが、実はコットンは使いようによっては肌をこすることで傷つけてしまう可能性もあります。肌への優しさにこだわる人にもぜひおすすめしたいハンドプレスなのです。

ハンドプレスは手のひらと指だけで行うスキンケアになります。そのため、肌にコットンの繊維くずのようなものが残留してしまう心配もありません。手のひらで化粧水を温めることによって肌への浸透力をアップさせることもできるといわれています。 次に正しいハンドプレスの仕方を説明しましょう。まず、手のひらをしっかりと洗っておきます。手のひらに化粧水を乗せて軽く温めたら、顔全体にまんべんなく広げましょう。手のひらで顔全体を包み込むようにして、化粧水を肌に押し込むようにして付けていきます。

ハンドプレスで大事なのはただなんとなく押すことではなく、正しい力で顔の細部まで押さえるようにすることです。額、頬、フェイスラインなどは手のひらで押さえるだけでも十分ですが、小鼻や目の回りなどは指で細かくプレスしてください。各パーツを10秒目安に取り組むと結構時間がかかることがわかると思います。しかし、美しい肌を手に入れるためにはある程度の手間は欠かせないと心得て、毎日コツコツ頑張りましょう。

続きを見る

スプレー型の化粧水にはこんな効果が!スプレー型の化粧水の便利な使い方

2017.11.10

スプレー型の化粧水にはこんな効果が!スプレー型の化粧水の便利な使い方

化粧水の付け方にはいろいろな方法があります。たとえば、手でそのまま付けるという人もいるでしょう。手のひらで少し温めることで肌へ浸透しやすくなるという効果も期待できます。ただし、まず手を清潔にしておかなければ雑菌を付着させてしまうこともあるので注意しましょう。

もし、ニキビのケアをしたいならば、雑菌を繁殖させてしまいかねない素手よりもコットンを使うことをおすすめします。皮脂や古くなった角質をコットンで拭き取るタイプの化粧水もありますが、こすりすぎるとニキビを悪化させてしまうので、あくまでも優しいケアを心がけてください。

携帯用に便利なのがスプレー型の化粧水です。化粧水がミストとなって噴射されるので、肌に浸透しやすいというのは大きなメリットといえます。手を汚すこともありませんし、コットンを携帯する必要もないため、いつでもどこでも気軽に使用できるのは大変便利です。

スプレー型の化粧水は1回シュッと吹きかけるだけで顔全体が潤う感覚を味わえます。仕事中に眠気を感じた時などに気分転換として使うのも良いでしょう。

また、小型のスプレー型の化粧水ならば、飛行機の機内に持ち込むことも可能です。飛行機の中は乾燥しがちなので、スプレー型の化粧水でこまめに潤いをチャージするのにもピッタリです。

続きを見る

老け見られるのはデコルテが原因かも?化粧水をつける時は顔だけじゃなくデコルテまでしっかりと!

2017.11.03

老け見られるのはデコルテが原因かも?化粧水をつける時は顔だけじゃなくデコルテまでしっかりと!

毎日、顔のスキンケアはしっかりしていても、首元はついおろそかにしてしまいがちです。しかし、実は首元は非常に年齢が出やすいパーツでもあります。とくに首から胸元にかけてのデコルテは加齢による衰えが出やすいので注意しましょう。

「顔は若いのに老けて見える」という人は、だいたい首のシワが原因だったりします。20代でもデコルテがガサガサと荒れていると年齢以上に老けて見られることもめずらしくありません。

「首の出ない服を着ていれば問題ない」と思う人もいるかもしれませんが、ふとした瞬間に見えてしまうのが首元です。チラッとのぞいた首元がくすんでいるだけでも「あの人、若作りをしてるけど、実は結構年齢がいってるんじゃ……?」という印象を持たれてしまうのです。

また、首は、4kg以上はあるという頭部を支える仕事をしています。そのため、血流やリンパの流れが滞りやすく、身体の中でもシワやたるみができやすい場所でもあるのです。
「毎日、長時間のデスクワークをしている」「タートルネック、スカーフなど首を覆う服装が多い」「肩が凝ると首を回す癖がある」という人は、とくにシワができやすくなっているので注意してください。

続きを見る

夏にいっぱい受けた日差しをアフターケアでなかった事に!化粧水で

2017.10.18

夏にいっぱい受けた日差しをアフターケアでなかった事に!化粧水で

お肌の大敵と言われる紫外線。南国のビーチで真っ黒に日焼けするほどでなくても、夏の間毎日ジワジワと浴びているだけでもダメージがあるそうです。実際に紫外線にさらされた肌内部では何が起きているのでしょうか。 紫外線は肌にとって害となる刺激です。そのため、たとえ微量でも毎日浴びているうちに肌は角質を厚くして内部への侵入を防ごうとします。いわゆる「角質肥厚」という状態になってしまうのです。 健康な肌は古い角質が自然にはがれ落ち、新しい角質が表面に出てくる正常なターンオーバーを繰り返しています。ところが、角質肥厚というのは古い角質がいつまでもこびりついている、ターンオーバーにエラーが生じている状態です。このように新陳代謝に異常が起きると、肌本来のバリア機能が失われ、水分も蒸発しやすく乾燥しがちになってしまいます。 バリア機能の低下により、紫外線もより内部まで侵入しがちです。すると乾燥や炎症も進み、メラニン色素の過剰生成も起こり、シミなどの色素沈着が起きてしまます。 このような悪循環を断ち切るためには、いつもよりも保湿に心がけるのもひとつの方法です。夏の疲れが表面化しやすく、乾燥しやすい秋冬は化粧水も特別なものを使った方が良いかもしれません。

続きを見る

秋からの化粧水はさっぱりタイプからしっとりタイプへ!秋も乾燥しらずの肌へ!

2017.10.12

秋からの化粧水はさっぱりタイプからしっとりタイプへ!秋も乾燥しらずの肌へ!

秋から冬にかけては空気が乾燥しがちな季節です。湿度が60%を切ると肌の乾燥が気になりはじめると言われていますが、このシーズンは気温だけではなく湿度もグングン下がっていきます。最近の天気予報では湿度の情報も公開されているので、乾燥が強くなりそうな日はスキンケアにもとくに注意したいものです。 肌の乾燥をそのままにしているとシワを増やす原因にもなると言われています。水分不足に陥った肌は肌表面に表皮シワができやすくなっているのです。表皮シワは細かいので見逃してしまうことも多いのですが、シワとシワがつながって深く長いシワになることもあるので注意しなければいけません。 さらに、秋冬は夏の間に浴びた紫外線のダメージが肌表面に出やすい時でもあります。そこに乾燥がプラスされ肌の新陳代謝が滞ることで、シミやくすみができるのもめずらしくありません。 秋冬の空気の乾燥を感じたらできるだけ早く対策を施すことが、美肌を守りアンチエイジングにもつながります。まずは毎日使っている化粧水を保湿効果の高いものにチェンジしてみてはいかがでしょうか。

続きを見る

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら