化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

コラム一覧 02 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

コラム一覧 02 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

コラム一覧

化粧水っていつも使う割には無頓着になっちゃいませんか?
化粧水について知って、最適な化粧水の選び方やベストな使い方などを見直せば、あなたのお肌にもっと効果をもたらしてくれるかもしれません、ぜひご覧ください!

化粧水を付けない話題の美容法「肌断食」の効果とは?

2018.02.14

化粧水を付けない話題の美容法「肌断食」の効果とは?

スキンケアは毎日おこなうのが常識、と思っている人が多いでしょう。これは正しい考え方でもありますが、行き過ぎたスキンケアにつながる可能性もあります。肌の汚れや余分な皮脂は毎日のように発生しますから、毎日洗顔や保湿をすることは基本です。ただし、あまりにも肌をいじりすぎたりスキンケア用品を塗り過ぎたりすると、肌が負担を感じて疲れてしまうこともあります。こうした疲れを回復するために、スキンケアやメイクをいったん中止して肌を休ませることを肌断食といいます。過剰なスキンケアをやめれば、肌本来の働きが復活して健康で美しい肌に導かれるという考えから生まれた方法です。

肌断食で肌がきれいになるなんて、意外に思えるかもしれません。しかし、普段使っている化粧品には様々な成分が配合されていることを考えれば、ときには肌を休めてあげたほうがいいという考えにも納得できることでしょう。特にメイク用品には、肌に負担のかかる成分が多く含まれています。これらの成分が肌のバリア機能を破壊し、いくらスキンケアを正しくおこなっても肌トラブルの原因を生んでしまう恐れがあります。

メイクをすれば当然クレンジングをする必要が出てきますが、肌を洗浄しすぎると必要な皮脂まで洗い流してしまいかねません。クレンジングに加えて、タオルで肌をこすったり、コットンで化粧水を塗るときに刺激を与えたりと、肌には何かとスキンケアによる負担がつきものです。それだけ肌のバリア機能が破壊されやすくなるため、取り返しのつかないほどの乾燥肌になるようなこともあります。

メイク用品やスキンケア用品の多くには、防腐剤が含まれています。その成分には、肌の常在菌をおびやかすほどの威力があります。カビや雑菌が繁殖したとき、肌の常在菌が守ってくれなくなれば、肌トラブルのおさまりがつかなくなってしまうでしょう。こうした様々な肌トラブルの原因を取り除いてくれるのが、肌断食のメリットです。

肌断食にも様々な方法がありますが、完全な肌断食をするにはメイクもスキンケアも一切断ちます。ただしいきなりこれをおこなうと肌がビックリしてトラブルを起こす可能性もあるため、反応をゆるやかにするために徐々にスキンケア用品を減らしていくのがおすすめです。まずはクレンジングからお休みしていき、クリーム、乳液、美容液、化粧水と減らしたら、最後には洗顔を水だけでおこなうようにします。どうしても肌の汚れがひどいときには、石けんで洗顔をおこないましょう。一日中肌断食をするのがハードな場合は、夜だけの肌断食をする方法もあります。夜洗顔をしたら、その後の保湿アイテムは何もつけないようにするのです。同様に、週末だけ肌断食するという方法をとるのも一案です。

続きを見る

【年代別】化粧水の効果を上げる方法

2018.02.07

【年代別】化粧水の効果を上げる方法

洗顔後には、肌が油分を失って非常に不安定な状態にあります。少しでも早く水分などの保湿成分を補給してあげることで、肌の状態を整えましょう。そのために役立つのが、化粧水です。20代の肌は皮脂の分泌量が多く、とかく力をこめて洗顔してしまいがちです。当然、肌への刺激も強くなり、余分な皮脂まで落としてしまう確率が高くなります。洗顔の方法を見直す必要もありますが、化粧水での保水や保湿も意識しておこなうことが大切です。 もしも肌にニキビが出来ている場合は、化粧水をつけるときにコットンを使ったほうが衛生的によいといいます。手についた雑菌が肌に付着して広がってしまうのを避けるためには、コットンを使うのも一案です。ただし、その一方でコットンは肌への刺激が強いというデメリットも持っています。コットンを使って化粧水をつける場合は、コットンの材質や質感にも気を付けるようにしましょう。 手で化粧水をつけるときには、適量を手にとってから温めるようにして顔に乗せると肌なじみがよくなります。顔全体に化粧水をなじませたら、顔を手のひらで覆うようにして10~20秒キープしてみてください。手の体温の温感効果と適度なプレス効果によって、化粧水が浸透しやすくなります。乾燥が気になる部分には、重ねづけをするのもおすすめです。 ときには、シートマスクを使って化粧水の浸透力を高めるのも効果的です。シートマスクをしばらく顔に貼って化粧水をなじませると、肌の水分量アップに期待できます。お風呂に入って毛穴が開いた状態のときに、シートマスクでのケアをおこなうのもおすすめです。ただし、シートマスクを貼る時間が長すぎると、かえって肌から水分が奪われてしまう恐れがあります。長くても、15分くらいを限度にケアするようにしましょう。

続きを見る

冬には欠かせない成分「アルギニン」配合の化粧水の効果とは?

2018.01.21

冬には欠かせない成分「アルギニン」配合の化粧水の効果とは?

アルギニンといえば、栄養ドリンクの成分としてもよく知られています。必須アミノ酸の一種で、人の体内では合成できないため、食品から摂取する必要がある成分です。アミノ酸には20以上の種類があるとされていますが、なかでも肌に作用が高いとされているのがアルギニンです。

アルギニンの働きといえば、保湿作用です。アルギニンには、水分との結合力が他のアミノ酸よりも強いという特徴があります。そのため、化粧品に配合されていることが多く、スキンケア用品だけでなくヘアケア用品の成分としてもよく見かけます。

アルギニンには、動物や植物の体内で代謝のために欠かせない役割を果たしています。例えば、成長ホルモンの分泌やコラーゲンの生成を促進する機能は肌の健康にも大いに関係することです。コラーゲンは肌だけでなく全身の各部位に存在していますが、加齢と共に減少してくることが老化の原因となります。成長ホルモンの分泌が不十分なことも、健康に美しくいるためには問題です。

アルギニンには、血流を増やして顔色をよくする効果もあります。肌や唇などの色がくすんでいるときには、アルギニンが不足しているかもしれません。

続きを見る

乾燥する冬は化粧水とオイルの併用がおススメ!どんなオイルが良い?つける順番は?

2018.01.17

乾燥する冬は化粧水とオイルの併用がおススメ!どんなオイルが良い?つける順番は?

もともと乾燥肌の人にとって、肌トラブルが起きてしまったときや冬の乾燥する季節には、化粧品でいくら保湿をしても追いつかないと感じることがあるでしょう。保湿作用が高いとされる化粧水を使っているのに全く効果を感じられないという場合、化粧水に美容オイルをプラスして保湿作用を高める方法があります。

肌の表面の角質層は、細胞と細胞の間を細胞間脂質という物質が埋めています。イメージとしては、角質細胞のレンガを積み上げて、その間をセメント役となる細胞間脂質がつなぐというところです。

細胞間脂質は油性で、美容オイルとのなじみがよいのが特徴です。オイルとなじむと肌が柔らかくなり、しっかりバリア機能も果たしてくれるようになります。このことから、最近では美容オイルをスキンケアに取り入れる人が増えています。ただし、その使い方や順番によっては、逆効果になってしまうこともあるようです。

個人差もあるようですが、洗顔後にすぐ美容オイルを肌に塗り、それから化粧水をつけると優れた保湿作用が出るという説があります。ところが、美容オイルには水をはじいてしまうという性質があるのも事実です。つまり、美容オイルを先につけてから化粧水を浸透させようとしても、化粧水ははじかれてしまいます。これを逆転させたのが、化粧水の後に美容オイルをつける方法です。

うるおいのある肌は、肌の水分と油分のバランスが上手くとれている状態をいいます。肌には毛穴から皮脂が分泌され、これが油分の役割を果たします。水分はといえば、皮膚の深層部に存在しています。これらが混ざり合うことで、力強いバリアとなる皮脂膜ができるのです。皮脂膜は、肌の水分が蒸発しないようにする役目を持っています。これにより、外的刺激からも肌を守ることが可能です。油分と水分のバランスが上手くいっていない肌には、化粧水で水分を、美容オイルで皮脂の役目を追加してあげればよいのです。

続きを見る

化粧水の正しい使い方を意識赤みが出やすい冬はどんな化粧水を使うのがおすすめ?赤ら顔におすすめの化粧水して美肌に

2018.01.13

化粧水の正しい使い方を意識赤みが出やすい冬はどんな化粧水を使うのがおすすめ?赤ら顔におすすめの化粧水して美肌に

他の季節には問題ないのに、冬になると赤ら顔になってしまうことがありませんか?冬は外気と室温の寒暖差が激しく、毛細血管への影響が出やすくなります。毛細血管が拡張したり収縮したりが激しくなるため、肌に赤みが出やすくなるわけです。皮膚の角質層が薄い人に多い現象ですから、表皮のバリア層が弱っていないかチェックしてみるとよいでしょう。

冬ならではの影響で赤ら顔になってしまう場合、暖かい季節になれば自然と赤みが引いていきます。だからといって冬の間は赤みを放置しておこうとなると、肌状態を敏感なままにしてしまうことになります。早めにケアをすることで、肌を強くしていくことも大切です。

なかには、冷え性が原因で赤ら顔になる人もいます。冷え性には上半身が冷えるタイプと下半身が冷えるタイプとがあり、いずれにしても体内の熱バランスがくずれてしまったときに起こります。赤ら顔になりやすい冷え性は下半身タイプで、下半身が冷えるぶん頭に熱がこもってしまうために顔が赤くなってくるのです。東洋医学では、これを頭熱足寒といっています。

続きを見る

化粧水をつけると”ヒリヒリ”するのはなぜ?冬によくあるヒリヒリの原因と対策

2018.01.09

化粧水をつけると”ヒリヒリ”するのはなぜ?冬によくあるヒリヒリの原因と対策

冬に多い悩みとして、化粧水をつけると肌がヒリヒリして痛いという問題があります。特に敏感肌の人が多いようですが、もともと敏感肌でなくても冬にだけ肌が敏感になることもありますから注意しておきましょう。

冬の冷気や寒気で肌が乾燥してくると、角質層の水分や皮脂が不足して本来の働きが低下してきます。角質層には外的刺激を防ぐバリア機能が備わっていますが、角質層の働きが弱ってくるとバリア機能も機能しなくなってくるのです。すると肌に刺激がおよびやすくなり、ヒリヒリするような感覚が生じることがあります。

敏感肌になる原因は、様々です。後天的な要素としては、生活習慣や食生活の乱れ、紫外線の被害、間違ったスキンケア方法などが原因していることもあります。冬になると、もともと敏感肌の人はもちろん、普通肌だった人でもデリケートな肌質になり得ます。それほど、冬の環境は肌にとって過酷なのです。

冷たく乾燥した外気に肌をさらす時間が長かったり、暖房による乾燥した室内で長時間を過ごしていたりすることが、肌には大きな負担になります。屋外と屋内の寒暖差が激しいことも、肌にダメージを与える原因となるのです。一度敏感肌になってしまったら、角質層のバリア機能を取り戻すために正しいスキンケアに力を入れるようにしましょう。

続きを見る

化粧水の前の導入液はどんな肌の人が使うべき?化粧水の効果を上げるためにできること

2017.12.28

化粧水の前の導入液はどんな肌の人が使うべき?化粧水の効果を上げるためにできること

朝晩欠かさず化粧水をつけているにもかかわらず、保湿効果を感じられないということがあります。その場合、化粧水が肌に浸透していないことが考えられます。原因としてあげられるのは、加齢によって肌がごわついて化粧水を受け入れにくくしている、肌トラブルによって毛穴が閉じてしまっているなどです。

毛穴が閉じてしまっていると、せっかくの化粧水も入り込む隙がありません。余分な角質や皮脂が毛穴をふさいでしまっている場合は、洗顔やクレンジングが足りないのです。かといって、強い刺激を与えて洗顔やクレンジングを行うのは逆効果です。正しい洗顔やクレンジング方法で、しっかりと余分な汚れや皮脂を落とすことが大切です。ときには、その日の汚れだけでなく、何日分、何年分も汚れが蓄積していることもあります。その場合は、スペシャルなクレンジングをするなどを検討してみるのもよいでしょう。

洗顔やクレンジングのすすぎを水で行っている人も、毛穴が閉じてしまって化粧水が入りにくくなります。年間を通して、洗顔のすすぎ水は32度程度のぬるま湯に統一するのが理想的です。

化粧水は冷たいのが基本ですから、それだけでも肌には浸透しにくくなります。夏場などは肌が自然に温まって毛穴が緩んでいるものの、寒い季節になれば毛穴が縮まっているため冷たい化粧水は余計に浸透していきません。ホットタオルで顔を温めて、化粧水自体を手のひらで温めてから肌につけるという方法で対策できます。

続きを見る

旅行先やお泊りした時に化粧水を忘れてしまった!そんなときに代用できるアイテムはコレ!

2017.12.21

旅行先やお泊りした時に化粧水を忘れてしまった!そんなときに代用できるアイテムはコレ!

洗顔後やクレンジング後に化粧水をつけないと、肌がどんどん乾燥してきます。もともと乾燥肌の方は、ストレスになりそうなほど心配になってくるでしょう。普通肌の方でも、油断は禁物です。化粧水をつけたいのにその場にないというときは、ミネラルウォーターを肌につけるという方法があります。美容成分が豊富に配合されている化粧水を使い慣れている人ほど、単なる水で代用になるわけがないと思うでしょう。しかし、急場しのぎとしては、案外ミネラルウォーターでも肌を保湿できるのです。

炭酸水で、化粧水の代用をするという手もあります。炭酸美容というスキンケア法があるくらいですから、効果がありそうです。浸透効果の高い炭酸水は、その後のスキンケアアイテムの浸透度をアップさせてくれます。とはいえ、化粧水を持っていないときには、他のお手入れアイテムも持っていない可能性が高いでしょう。炭酸水だけでも、何もつけないよりは保湿効果を得られます。

どこででも手に入りそうなアイテムで化粧水の代用ができるものとしては、他に緑茶があります。緑茶ならコンビニや自動販売機でも手に入りやすいですし、いつでも携帯しているという人もいます。緑茶には殺菌効果がありますから、ニキビがある人なども安心して使えるでしょう。

日本酒を化粧水代わりにする、という方法もあります。しかし、人によっては日本酒のアルコール成分が肌に強い刺激となってしまう可能性があります。湿疹やかゆみが出てきたら、すぐに使用を中止して顔を洗うことをおすすめします。自宅で化粧水を切らしてしまったときには、お米のとぎ汁を代用に使うことも可能です。お米をといでいると手のツヤや透明感が出てくる効果がありますから、顔につけても良いのです。似たような成分を配合している市販の化粧品もありますから、安心してください。

続きを見る

化粧水は安いものでも良いからたっぷりつけるのが良いってホント?化粧水の本来の役割とは?

2017.12.14

化粧水は安いものでも良いからたっぷりつけるのが良いってホント?化粧水の本来の役割とは?

化粧水の役割の基本は、肌を整えることにあります。洗顔後のお肌の状態は、非常に敏感になっています。毛穴が開いてダメージを受けやすくもなっていますし、放っておけばどんどん乾燥してしまうでしょう。そこで登場するのが、化粧水です。デリケートになっている肌を瞬時に整えてバランスのよい状態にし、毛穴を引き締めてくれます。

化粧水の役割には、もうひとつあります。それは、その後のお手入れに使うコスメの浸透度を高める役目です。洗顔やメイク落としをして角質が乾燥した状態のままでは、化粧品の成分が浸透しにくくなります。特に、油分が含まれた乳液やクリームは、洗顔後の乾燥した肌にはなじみにくいのです。化粧水で水分を補うことで、乳液やクリームに含まれた美容成分が染み透りやすくなります。乳液や美容液、クリームなどに効果的な美容成分が配合されているほど、化粧水で肌を潤しておくことは重要です。

もちろん、化粧水自体に含まれた美容成分の浸透に関しても、同じことがいえます。水分を肌に与えることによって、美容成分が浸透しやすくなるのです。角質層を潤わせながら美容成分を染み込ませることができますから、化粧水だけでも健康で美しい肌を手に入れているという人もいます。

美容液や乳液、クリームなどを省略しても、化粧水だけはスキンケアで省くことができません。化粧水を省略すれば、たちまち肌が潤いを失ってしまうでしょう。同じように、洗顔もスキンケアのなかでは欠かせないステップです。洗顔やクレンジングでの汚れ落としと化粧水での保湿は、いつでもワンセットと捉えておくようにしましょう。

続きを見る

乾燥する冬こそ化粧水を持ち歩こう!ミストタイプの化粧水の魅力とは?

2017.12.07

乾燥する冬こそ化粧水を持ち歩こう!ミストタイプの化粧水の魅力とは?

ミスト化粧水とは、霧状の細かい噴射ができるローションのことです。スプレー式になっていて、片手で肌に噴射できるのもミスト化粧水のポイント。忙しいときに、片手は別のことをしながら片手はミスト化粧水で保湿なんてことも可能です。手やコットンに化粧水を出す必要がないため、衛生的でもあります。

ミスト化粧水は、その名の通り、霧のように細かい状態の化粧水です。これにより、肌への浸透度にも期待できます。一般的なローションでは水の分子が大きいため、なかなか肌細胞に浸透しにくいこともあります。それに比べると、ミスト化粧水は分子が小さい分、肌に浸透しやすいのです。毛穴の汚れが気になるときなども、おすすめします。

細かい部分にまで化粧水をつけられるという点でも、ミスト化粧水は優秀です。顔の隅々にまで化粧水を行き渡らせることができるだけでなく、背中などの手ではお手入れしにくい部分までケアしやすいのがミスト化粧水のメリットです。メイクの仕上げにシュシュっと噴きつければ、メイクが長持ちするという使い方もあります。

携帯しやすいサイズにできているのも、ミスト化粧水の便利な点です。いつでもどこでも乾燥してきたなと思ったときにシュッと化粧水をスプレーできるのは、肌を生き返らせてくれます。ミスト化粧水だからといってコンパクトサイズばかりではありませんから、自宅用には大きなサイズを置いておくのもよいでしょう。また、コンパクトなほうが使いやすいという場合は、自宅でもコンパクトなミスト化粧水を使うのもありです。

ミスト化粧水を肌に噴きつけたら、それで終わりにするのは勿体ない使い方です。必ず、肌をやさしく包むように押さえて、化粧水をなじませるようにしましょう。

続きを見る

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら