化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

江戸時代から愛されていた日本酒化粧品の魅力とスキンケア方法 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

江戸時代から愛されていた日本酒化粧品の魅力とスキンケア方法 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

江戸時代から愛されていた日本酒化粧品の魅力とスキンケア方法

2018.04.27

日本酒と聞けば、男性が晩酌に飲むものというイメージがあります。しかし、日本酒が化粧水の代わりになることはご存知でしょうか。お酒を肌に塗ることで、美白も保湿も叶えてくれるというまさに夢のようなものです。今回は日本酒が化粧水代わりになる理由や効果について紹介します。

昔から日本酒は化粧水代わりに使われていた

日本酒は飲むことで美容効果があるといわれていましたが、実は昔から化粧水代わりに日本酒を使う人は少なくありませんでした。お酒を造る杜氏は手が綺麗だといわれていますが、日本酒効果ではないかといわれています。 ●化粧水にも使われているアルブチン 美白化粧品には「アルブチン」という成分がよく使われています。1989年に厚生労働省が認めた美白成分であり、その効果はさまざまな美白化粧品に使われていることで立証済みです。日本酒にもアルブチンが含まれているため、化粧水代わりに使うことで効果を得られているのです。美白成分として「ハイドロキノン」も有名ですが、アルブチンの方が作用も刺激も穏やかなため、敏感肌や乾燥肌の人にも使えます。 ●味噌にも使われるリノール酸 リノール酸はアルブチンと同じく、チロシナーゼの働きを抑えることでメラニン生成を抑制してくれます。その結果、美白効果があると注目されているのです。味噌を造る人も杜氏と同じく手が白くて綺麗といわれています。そのため、味噌にも日本酒にも含まれているリノール酸は美肌効果があるといえます。 ●潤いの定番であるアミノ酸 アミノ酸といえば、誰もが知る美容成分です。肌に潤いを保つために、アミノ酸配合のスキンケア用品を使っている人もいるのではないでしょうか。日本酒にもアミノ酸が含まれていて、その量はワインの10倍といわれています。日本酒を飲むことでも美肌効果があったのは、アミノ酸の効果が大きいのでしょう。身体の保湿にも良いとされて、お風呂上りにボディクリーム代わりに使う人もいるようです。

日本酒化粧水がもたらす美肌効果

日本酒がもたらす美肌効果として、知名度の高いものを紹介します。どれも女性にとっては欠かせない美肌効果ばかりなので、日本酒を化粧水代わりに使うことを検討してみてはいかがでしょうか。 ●メラニン生成を抑制する 紫外線を浴びることでメラニン色素が生成されます。しかし、日本酒の成分に含まれている「アルブチン」がメラニン色素を作る時に働く「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑えてくれます。そのため、メラニンが作られないようにしてくれるのです。 ●保湿効果 スキンケアにとって、乾燥は大敵です。しかし、日本酒に含まれている「アミノ酸」や「糖分」によって、高い保湿効果が期待できるため、乾燥を防いでバリア機能を高めてくれます。 ●アンチエイジング効果 紫外線を浴びたり、強いストレスを感じたりすることで活性酸素が発生します。これは、身体を守るための自己防衛のようなものであり、ウイルスなどの攻撃から守ってくれるのです。しかし、自分の細胞まで酸化させてしまうため、老化の原因といわれています。日本酒には抗酸化作用を防ぐ成分が含まれているため、活性酸素を除去してシミやシワを防いでくれます。高いアンチエイジング効果が期待できるのです。 日本酒を使うことで、女性の悩みである肌のトラブルを防ぐことが出来ます。常に使う必要はなく、1日に1度、お風呂あがりにでも使ってみてはいかがでしょうか。スキンケア用品でもケアは出来ますが、日本酒は驚きの効果があるため、一度実感してみることをおすすめします。日本酒化粧水は江戸時代から愛されていたもので、当時の工夫によって生まれたものであるため、今でも多くの人その魅力に惹かれているのでしょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら