化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

生理前後の肌荒れには正しい化粧水のつけ方で改善! |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

生理前後の肌荒れには正しい化粧水のつけ方で改善! |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

生理前後の肌荒れには正しい化粧水のつけ方で改善!

2018.03.20

生理前後には、女性ホルモンのバランスが乱れて心身ともに不安定になってきます。様々な変化が肌の状態に影響し、肌荒れを起こす人も少なくありません。
そんな生理前後の肌荒れに、化粧水のつけ方で対処する方法を紹介しましょう。

生理前後の肌荒れはどうしようもないと思っていませんか?

女性の体は、約1ヶ月周期で生理を迎えます。生理前後には、ホルモンバランスの影響を受けて肌の調子が悪くなったりよくなったりします。毎月のように肌の調子が不安定になることから、あきらめてしまっている人もいるかもしれません。しかし、生理周期は決まっており、自分で把握することで管理が可能です。ホルモンバランスの状態を知ることで、肌の状態も管理することができます。

月経周期は、主に4つの期間に分けて考えると良いでしょう。月経前、月経開始、排卵前、排卵後の4つです。月経前の週にはホルモンバランスが崩れやすく、肌荒れも最も起こりやすくなります。体の変化だけでなく、精神状態が不安定になる人もいるでしょう。精神的なストレスによって、余計に肌荒れを生じてしまうこともあります。しかし、月経が開始すれば、心身の状態は段々と安定してきます。ただしまだ血行が十分でなく、貧血になることや精神的に不安定な状態が続くこともあるかもしれません。

排卵前の週になると、肌の状態は格段によくなってきます。便通も良くなり、精神状態も安定してくるでしょう。明るい気分になり、ストレスを抱えにくいため、気持ちよく過ごせます。メイクのりなども絶好調で、新しいスキンケア用品を試すにも良い時期です。排卵を終えると、再び心身の状態は不安定になりやすくなります。肌にも影響が出やすいため、不安定な時期をいかに乗り切るかが肌状態をよく保つポイントです。

生理前には、体がむくみやすくなり、食欲が異常に出たり便秘が目立ちやすくなったりします。気持ちも不安定になりやすく、肌荒れしやすくなることから鏡を見るのも嫌になってしまう人もいるでしょう。この時期には、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが多く分泌され、皮脂の分泌を活発にします。皮脂が多く分泌されれば、毛穴が詰まりやすくなって肌トラブルを起こしやすくなります。これが、生理前に肌荒れしやすい原因です。しかし、この知識を逆手にとれば、生理前に過剰な皮脂分泌のケアを正しくおこなうことで肌荒れを防ぐことができます。

女性ホルモンの周期に合わせた化粧水ケア

スキンケアを生理周期に合わせることで、生理前の肌荒れは改善可能です。生理前には皮脂が過剰に分泌されやすいことから、化粧水で十分にうるおいを与えることで皮脂の分泌を抑えることを目指しましょう。プロゲステロンとは無関係に、肌が極度の乾燥によって皮脂を過剰に分泌することもあります。
これも、肌が十分な水分をキープしていれば起こり得なかった事態です。生理前の皮脂が過剰に分泌されやすい時期にも、外部からしっかり水分を与えることで皮脂の分泌量を適度にして肌を安定させることが可能なのです。そのために役立つのは、化粧水です。

化粧水は肌にうるおいを与えてくれますが、油分は含んでいません。水分だけを肌に届けてうるおいをもたらすことから、皮脂にさらに化粧品での油分をプラスしてべたつかせる心配がないのです。肌が水分でうるおっていると判断すれば、体は余計に皮脂を分泌することがなくなります。ただし、化粧水だけを肌につけて放っておくと、今度は肌から水分が蒸発してしまう恐れがあります。そのため、化粧水で十分にうるおいを与えたら、これをフタしてうるおいを閉じ込めることが大切です。

化粧水でもたらしたうるおいを閉じ込めるためには、乳液やクリームを使ってもOKです。しかし人によっては、肌に油分が多過ぎて肌トラブルになってしまうこともあるかもしれません。べたつくような感触が、苦手という人もいるでしょう。その点、オールインワンゲルはべたつかずにうるおいを閉じ込める機能を備えています。通常、オールインワンゲルは単体でもお手入れが完結するアイテムですが、まず化粧水で保水してからオールインワンゲルで肌にうるおいを閉じ込めるのもひとつの方法です。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら