化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

化粧水で敏感肌を強い肌に!バリア機能を高める化粧水の選び方 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

化粧水で敏感肌を強い肌に!バリア機能を高める化粧水の選び方 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水で敏感肌を強い肌に!バリア機能を高める化粧水の選び方

2018.03.15

敏感肌の方は、日頃のスキンケアで刺激を避けようとするだけでなく、何とかして肌を健康で強い肌にしたいと思っていることでしょう。実は、スキンケアのなかでも敏感肌の改善力を秘めているアイテムが化粧水なのです。
ここでは、バリア機能を高める化粧水の選び方について、紹介します。

化粧水を変えるだけで敏感肌が改善される?

深刻な敏感肌は、肌の水分と油分のバランスが悪くなっている状態にあります。水分も油分も不足しており、三大保湿因子と呼ばれる皮脂・天然保湿因子・角質細胞間脂質も減少しているはずです。つまり、肌を保湿する機能が著しく低下してしまっているのです。放っておけば、肌が乾燥するだけでなくバリア機能が弱くなって肌トラブルを招いてしまいます。あらゆる肌トラブルは、肌の乾燥から起こるといっても過言ではありません。

敏感肌の状態は、体が察知しています。バリア機能を回復するために、角質を元通りにしようと働きかけているはずです。その働きかけは、表皮の基底層で表皮細胞を作って角層に届けることにつながります。なるべく早くと急かされることから、ターンオーバーが早まります。すると未熟な細胞が角質まで持ち上げられ、刺激に弱い肌が表面に出てさらにバリア機能が働かなくなるのです。これが、敏感肌からいつまでも抜け出せないループです。このループにはまらないうちに敏感肌を改善することが大切ですが、とにかく気付いたときには正しいスキンケアをおこなうようにしましょう。

では、敏感肌を改善するポイントといえば、乾燥を防ぐことです。肌表面のうるおいを改善することも大切ですが、内側からの保水も重要です。肌を生まれ変わらせるメカニズムを考えたケアをおこなうことで、敏感肌に改善の兆しが見えてきます。肌への負担を減らすこと、うるおいを与えることは、化粧水を変えることはもちろん、食生活や生活習慣の変化によっても実現していきましょう。

スキンケアの対策では、角質のバリア機能を高めるケアを目指すことです。肌を保湿するといっても、化粧水の成分が水だけでは不十分です。水溶性の化粧水は、水分の蒸発を防ぐことが困難です。肌は油分と水分のバランスがとれていることが重要なため、水分の蒸発を防ぐために何らかの方法で保水以上の保湿をする必要があります。そのために一般に使用されているのが、乳液やクリームです。
角層のうるおいを保つ細胞間脂質としてセラミドを取り入れることも効果的ですが、セラミドは油溶性のため化粧水に十分に配合するのは難しいといいます。低刺激で化粧水からクリームまでの役目を果たしてくれる、オールインワンゲルなどを利用してみるのも良いでしょう。

バリア機能を高める化粧水の選び方

バリア機能を高める化粧水を選ぶには、3つのポイントに気を付けると良いでしょう。ひとつは、保湿成分が高配合されている化粧水です。もうひとつは、肌に刺激を与える成分を配合していないこと。最後のひとつは、使い続けていける化粧水です。

水分を長時間キープしてくれる成分が配合されていることは、化粧水の効果を高めてくれるでしょう。そのために役立つ成分としては、セラミドやレシチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが代表的です。ただし、化粧水に配合される保湿成分には限度があり、化粧水のみで保湿を万全におこなってバリア機能を高めようとするのは困難です。化粧水後のケアも重視しつつ、相性の良い化粧水を選ぶことも大切です。 化粧水によく配合されている成分として、アルコール類があります。アルコールは肌に刺激を与えやすいため、敏感肌の方は避けておいたほうが良いでしょう。アルコール類のなかでは、フェノキシエタノールは比較的低刺激な成分です。ビタミンC誘導体などの美白成分が、肌の刺激になってしまうこともあります。香料や防腐剤、殺菌剤なども、肌刺激になりやすいため、敏感肌の方は要注意です。

化粧品は、1~3ヶ月といったまとまった期間を使用し続けることによって効果を得やすいように開発されています。短くてもそのくらいの期間は使い続けることができれば、バリア機能を高めるためのケアをコツコツとおこなえます。そのためには、金額的な問題や肌との相性問題をクリアすることが大切です。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら