化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

基礎化粧品のなかで一番選び方に気をつけるべきは「化粧水」 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

基礎化粧品のなかで一番選び方に気をつけるべきは「化粧水」 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

基礎化粧品のなかで一番選び方に気をつけるべきは「化粧水」

2018.03.05

洗顔後、一番につける基礎化粧品は通常なら化粧水です。敏感になっているまっさらな肌につけるアイテムですから、どの基礎化粧品よりも選び方に気を付けるのが美肌のコツです。
ここでは、なぜ化粧水を充実させる必要があるのかについて解説します。

洗顔後のまっさら状態に一番はじめに付けるのが化粧水

洗顔をした後は、化粧水で肌を整えるというスキンケアの手順を守っている人は多いでしょう。洗顔をしてすぐの肌は、まっさらな状態です。余分な皮脂や汚れを落としたことで、肌はきれいになっている一方で敏感にもなっています。乾燥しやすく、放っておけば肌から水分がどんどん蒸発してしまうほどの事態になります。肌トラブルを避けるためにも、すぐに肌に水分を与えてあげる必要があるのです。ただし、単なる水分では余計に乾燥してしまう恐れがあります。そこで、保湿成分などが配合された化粧水をつけて、肌にうるおいを与えて乾燥から守るのです。

実は、洗顔した後なら化粧水をつけるのはいつでも良いというわけではありません。化粧水をつけるタイミングは、最大限の効果を狙いたいものです。化粧水をつけるタイミングが良ければ、その後のケア用品の浸透度も高まり、翌日の肌のつやすら良くなることがあります。化粧水をつける最適なタイミングとは、洗顔後3分以内です。
洗顔をした後に肌が乾き始めるのは、タオルドライした後だと思っている方もいるかもしれません。肌の乾燥は、水分が肌に残っている状態から始まっています。むしろ、すすぎの水が肌に残っていることで、肌が乾燥しやすくなるくらいです。ですから、顔をすすいだ後はすぐに優しくタオルドライして、すかさず化粧水をつけることをおすすめします。

洗顔してから時間をおいてしまうと、角質に化粧水が浸透しにくくなるのも困った問題です。保水・保湿力を高めるためにも、化粧水はできるだけ早くつけるようにするのが美肌の秘訣です。3分以内とは、遅くても3分以内に化粧水をつけるということです。いつでも3分間肌を乾いたままで放っておくクセをつけてしまうと、いつの間にか肌トラブルが起きやすい肌になる可能性もあります。

ゆっくりお湯に浸かりたいときには、化粧水で肌を保湿しながら入浴すると良いでしょう。洗顔して素肌のままでお湯に浸かっていると、肌はカピカピの乾ききった状態になってしまいます。

肌の状態の良さは保湿で決まる

いつでも肌がきれいな人が、特別に高級な化粧品を使っているとは限りません。肌を健康的で美しい状態にキープするには、うるおいに満たしておくのがコツです。十分にうるおった肌は、つやつやと輝いて肌トラブルが起こりにくくなります。高級な化粧品を使わなくても、保湿を心がけるだけで肌は良い状態にしておけるのです。

理想的な肌の状態は、十分な量の水分が肌の内部に備わっています。また、肌表面には適度な量の油分があり、肌内部の水分の蒸発を防いでいます。クリームや乳液、美容液などを塗りたくらなくても、化粧水でしっかりと肌にうるおいを与えることは可能です。本来の肌は自然に保湿能力を持っているのですが、加齢や生活習慣、過剰なストレス、栄養バランスなどの様々な要因から本来の肌の力が低下してしまうことがあります。ここで、肌のうるおいがどのように守られているのかについて、見直してみましょう。

「角質層」がお肌のうるおいを守っている

肌のうるおいを守っているのは、角質層です。角質層は、たった0.02mmほどの薄さにもかかわらず、10~20層もの細胞が積み重なって構成されています。0.02mmといえば、ラップの薄さほどです。そのなかで何層にもなった細胞が、外部からの水分の侵入を防いでいます。同時に、役目を果たしているのが、内部の水分の蒸発防止です。水で手を洗ったり入浴したりしても、水分が肌の内部に侵入してしまわないのは、角質層の働きのおかげです。

肌に水分が侵入しないように防ぐのと同様に、角質層は異物の侵入も防いでくれます。それでいて触ると柔らかいのは、角質層に30%ほどの水分が含まれているためです。他の主な成分は、ケラチンたんぱく質です。水分が不足している肌は、硬くゴワゴワしています。うるおいがキープされている肌は、皮脂膜と天然保湿因子、角質細胞間脂質によってバランスが保たれています。皮脂膜は2~3%で天然保湿因子は17%程度ですが、角質細胞間脂質は残りのほとんどを占めています。

化粧品にもよく配合されているセラミドは、細胞間脂質です。アトピー肌には乾燥が目立ちますが、これはセラミドが著しく減少していることが一因です。肌にうるおいを与えることは、肌を良い状態にしておくために欠かせないことです。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら