化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

【年代別】化粧水の効果を上げる方法 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

【年代別】化粧水の効果を上げる方法 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

【年代別】化粧水の効果を上げる方法

2018.02.07

化粧水には商品によって様々な成分が配合されていたり、最新の技術が取り入れられたりしています。いずれにしても最も大切なのは、化粧水が肌をいかに浸透させるかということです。化粧水の効果を上げる方法について、年代別にお話しします。

20代・30代

洗顔後には、肌が油分を失って非常に不安定な状態にあります。少しでも早く水分などの保湿成分を補給してあげることで、肌の状態を整えましょう。そのために役立つのが、化粧水です。20代の肌は皮脂の分泌量が多く、とかく力をこめて洗顔してしまいがちです。当然、肌への刺激も強くなり、余分な皮脂まで落としてしまう確率が高くなります。洗顔の方法を見直す必要もありますが、化粧水での保水や保湿も意識しておこなうことが大切です。 もしも肌にニキビが出来ている場合は、化粧水をつけるときにコットンを使ったほうが衛生的によいといいます。手についた雑菌が肌に付着して広がってしまうのを避けるためには、コットンを使うのも一案です。ただし、その一方でコットンは肌への刺激が強いというデメリットも持っています。コットンを使って化粧水をつける場合は、コットンの材質や質感にも気を付けるようにしましょう。 手で化粧水をつけるときには、適量を手にとってから温めるようにして顔に乗せると肌なじみがよくなります。顔全体に化粧水をなじませたら、顔を手のひらで覆うようにして10~20秒キープしてみてください。手の体温の温感効果と適度なプレス効果によって、化粧水が浸透しやすくなります。乾燥が気になる部分には、重ねづけをするのもおすすめです。 ときには、シートマスクを使って化粧水の浸透力を高めるのも効果的です。シートマスクをしばらく顔に貼って化粧水をなじませると、肌の水分量アップに期待できます。お風呂に入って毛穴が開いた状態のときに、シートマスクでのケアをおこなうのもおすすめです。ただし、シートマスクを貼る時間が長すぎると、かえって肌から水分が奪われてしまう恐れがあります。長くても、15分くらいを限度にケアするようにしましょう。

40代・50代

40代に入ると、目に見えてエイジングサインが明らかになってきます。誰でも老化はするものですが、ここで正しいケアをするか否かで先々の肌状態に圧倒的な差が出てくると意識しておきましょう。まず、エイジングサインが出てきたと感じたら、これまで使っていた化粧水を見直してみることをおすすめします。エイジングケア用の成分配合や技術が工夫されている化粧水に変えてみると、肌の状態を保ちやすくなる可能性があります。 40代以降は更年期に入る人が多く、ホルモンバランスの乱れの影響を受けて肌がゆらぎやすくなります。敏感になっている肌には、化粧水の種類でも使い方でも刺激を避けることが大切です。配合成分に気を付けることはもちろんですが、化粧水の付け方でも肌に余計な負担をかけないようにしましょう。例えば、肌をパッティングしたり、強い力でこすったりするのは厳禁です。化粧水を肌になじませるには、顔を手のひらで覆ってじっとそのままにしておくだけでも効果があります。イオン導入などの美顔器も、刺激が逆効果になる場合がありますから注意してください。 刺激を軽減するという意味では、スキンケア用品のアイテム数をなるべく減らすのも効果的です。極端な説では、洗顔後に化粧水をつけたら、その後のスキンケア用品は浸透効果がないともいわれています。それくらい化粧水での保水・保湿効果には高い期待を持てるということですから、化粧水自体に美容成分が多く配合されている商品を選ぶのもよいでしょう。後は、保湿のために肌をフタする役割として、クリームなどをつけておけば健康な肌状態を保てる場合もあります。美容効果を求めたいからと、無闇にスキンケアアイテムを増やすことは考え直してみてください。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら