化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

肌別化粧水の選びかた |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

肌別化粧水の選びかた |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

肌別化粧水の選びかた

2018.01.21

お肌の悩みのほとんどは保湿で解決できることがほとんどです。ただ化粧水をつけて与えるだけではなく、皮膚の構成部分にしっかりと必要な栄養分を補給することが必要となってきます。表面だけが保湿されているだけだと奥の肌トラブルの解決することが難しく、メラニンの抑制がされなかったり、ニキビができてしまう原因になってしまいます。肌の調子が悪いときは肌の水分が少なくなっていますので、肌の奥の方まで浸透させないといけないのです。 ただ化粧水をつけるだけでは蒸発をしてしまうのでクリームや乳液で蓋をして1日うるおいキープするのが大切です。お肌をいかに乾燥から守るのかがスキンケアを行ううえで重要になります。冬は外気とエアコンなどに、夏はクーラーなどにより、お肌は常に乾燥の危機に晒されていると思っていたほうがよいでしょう。

乾燥などに有効な成分は

もし乾燥いているようでしたら保湿をメインとした有効成分が入っているものを選ぶようにしましょう。保湿成分のある化粧水としては、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、プラセンタなどが含まれているものが特に有効です。年齢とともに、コラーゲンの減少が起こって保水力も落ちてしまうということがありますので、化粧水にも、こういった有効成分が含まれているものを使ったケアをしていくことが重要です。 また、化粧水で保湿をしつつシミを予防したいということでしたら美白化粧水がおすすめです。美白成分としては、アルブチン、またハトムギエキスやビタミンC誘導体といった成分が有効といわれています。保湿だけではない色々なタイプの化粧水がありますので、お肌にとって求める機能がはいっているものをつかっていくようにしましょう。効果を感じることができてくると毎日のスキンケアがもっと楽しくなってくるかもしれません。

肌質を知って自分に合う化粧水を

主に肌質は乾燥肌、脂性肌、敏感肌、普通肌の4タイプに分かれています。より効果を上げるためには、お肌に合ったものを使うことが大事です。 乾燥肌とは、顔がつっぱったり皮がむけやすい肌質の事を言います。乾燥肌の肌状態は角質の脂分が不足していたり水分が蒸発してしまうことからターンオーバーが早くなってしまいがちです。なので、セラミドやコラーゲンが配合されている成分を選ぶといいでしょう。 脂性肌はニキビができやすかったり毛穴が黒ずみやすくメイクも崩れやすい肌質です。原因としてはホルモンバランスの乱れや不規則な食生活でなりやすくなります。ホホバオイなどの肌なじみがよく、ビタミンCやガンマリノレン酸が入っているものでエタノールが配合されているものは避けてください。 敏感肌には外部からの刺激やホルモンバランスでアレルギー反応している可能性があります。アミノ酸配合されているものは低刺激のものが多いのでお勧めです。自分にあった化粧水で美肌をぜひ目指してください。

まとめ

ただ化粧水をつけるだけでなく自分の肌質に合った化粧水を使うことが大切です。ただつけている時よりも効果的にスキンケアを行うことができるでしょう。肌に合っていない化粧水を使用すると肌がかゆくなったり、ニキビができてしまったりとお肌のトラブルを起こすことがあります。そうならないためにも自分のお肌にあった化粧水を見つけましょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら