化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

化粧水の正しい使い方を意識赤みが出やすい冬はどんな化粧水を使うのがおすすめ?赤ら顔におすすめの化粧水して美肌に |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

化粧水の正しい使い方を意識赤みが出やすい冬はどんな化粧水を使うのがおすすめ?赤ら顔におすすめの化粧水して美肌に |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水の正しい使い方を意識赤みが出やすい冬はどんな化粧水を使うのがおすすめ?赤ら顔におすすめの化粧水して美肌に

2018.01.13

冬になると、赤ら顔になって恥ずかしいと感じることがありませんか?冷気や乾燥によって赤みが出た肌を放っておくと、取り返しのつかない肌状態になってしまうことがあります。冬に赤ら顔になる原因や皮膚がデリケートな人におすすめの化粧水について、お話しましょう。

冬に赤ら顔になってしまう原因

他の季節には問題ないのに、冬になると赤ら顔になってしまうことがありませんか?冬は外気と室温の寒暖差が激しく、毛細血管への影響が出やすくなります。毛細血管が拡張したり収縮したりが激しくなるため、肌に赤みが出やすくなるわけです。皮膚の角質層が薄い人に多い現象ですから、表皮のバリア層が弱っていないかチェックしてみるとよいでしょう。

冬ならではの影響で赤ら顔になってしまう場合、暖かい季節になれば自然と赤みが引いていきます。だからといって冬の間は赤みを放置しておこうとなると、肌状態を敏感なままにしてしまうことになります。早めにケアをすることで、肌を強くしていくことも大切です。

なかには、冷え性が原因で赤ら顔になる人もいます。冷え性には上半身が冷えるタイプと下半身が冷えるタイプとがあり、いずれにしても体内の熱バランスがくずれてしまったときに起こります。赤ら顔になりやすい冷え性は下半身タイプで、下半身が冷えるぶん頭に熱がこもってしまうために顔が赤くなってくるのです。東洋医学では、これを頭熱足寒といっています。

皮膚が薄い・弱い人向けの化粧水

皮膚が薄い人は冬に赤ら顔になりやすい傾向がありますが、こうしたデリケートな肌質の人には化粧水はどのようなものがよいのでしょうか。
まずは、低刺激で敏感肌用に作られている化粧水から選んでみましょう。化粧水にも、刺激の強い成分が配合されているものがあります。無添加と謳っていても何が無添加なのかをチェックして、肌にダメージが少ない化粧水を選ぶようにしてください。

敏感肌の人は、水分が不足しているために肌のバリア機能が低下していることが多いのです。これを改善するためには、肌に水分をしっかり補ってあげることが大切です。セラミドは、肌表面の保水機能が非常に高い成分です。もともと肌に備わっている成分ですが、加齢や生活習慣などによっても減少してしまいがちですから化粧水の成分で補えると効果的です。

肌のバリア機能を整えるという意味では、コラーゲンやヒアルロン酸もおすすめです。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが配合された化粧水は種類も多く、そのなかから低刺激の敏感肌用を選ぶこともできます。

最近では、赤ら顔に悩んでいる人用の化粧水も開発されています。肌色を整える機能が備わっており、アレルギー反応などを起こしやすい人に向いている化粧水です。当然、些細な刺激にも弱い敏感肌用に作られていますので、試してみる価値があります。

敏感肌用の化粧水であっても、最初は顔以外の部分でパッチテストをしてみることをおすすめします。これにより、自分の肌に合う化粧水なのか合わない化粧水なのかが判断できます。肌に合わなかった化粧水は、成分を再度チェックしてみましょう。配合されている成分のどれかが肌に合わなかった可能性もあり、美容成分であっても油断は禁物です。

どんな化粧水を使っても肌トラブルが起きてしまうという場合は、皮膚科で相談してみることもおすすめします。何が自分の肌にトラブルを起こしているのかがわかれば、今後のスキンケアの対策にもなるでしょう。一生スキンケアをしないわけにはいきませんので、よい方法を見つけられるように皮膚科医の力を借りてみるのも一案です。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら