化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

化粧水をつけると”ヒリヒリ”するのはなぜ?冬によくあるヒリヒリの原因と対策 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

化粧水をつけると”ヒリヒリ”するのはなぜ?冬によくあるヒリヒリの原因と対策 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水をつけると”ヒリヒリ”するのはなぜ?冬によくあるヒリヒリの原因と対策

2018.01.09

乾燥を防ぐために化粧水をつけて保湿したいのに、化粧水がヒリヒリとしみてくるようなことがありませんか?冬は乾燥する季節ですから、肌が敏感になって化粧水も刺激になることがあります。ここでは、冬の乾燥肌に化粧水で刺激を感じたときの対策方法を紹介しましょう。

冬になると乾燥によって肌が敏感に

冬に多い悩みとして、化粧水をつけると肌がヒリヒリして痛いという問題があります。特に敏感肌の人が多いようですが、もともと敏感肌でなくても冬にだけ肌が敏感になることもありますから注意しておきましょう。

冬の冷気や寒気で肌が乾燥してくると、角質層の水分や皮脂が不足して本来の働きが低下してきます。角質層には外的刺激を防ぐバリア機能が備わっていますが、角質層の働きが弱ってくるとバリア機能も機能しなくなってくるのです。すると肌に刺激がおよびやすくなり、ヒリヒリするような感覚が生じることがあります。

敏感肌になる原因は、様々です。後天的な要素としては、生活習慣や食生活の乱れ、紫外線の被害、間違ったスキンケア方法などが原因していることもあります。冬になると、もともと敏感肌の人はもちろん、普通肌だった人でもデリケートな肌質になり得ます。それほど、冬の環境は肌にとって過酷なのです。

冷たく乾燥した外気に肌をさらす時間が長かったり、暖房による乾燥した室内で長時間を過ごしていたりすることが、肌には大きな負担になります。屋外と屋内の寒暖差が激しいことも、肌にダメージを与える原因となるのです。一度敏感肌になってしまったら、角質層のバリア機能を取り戻すために正しいスキンケアに力を入れるようにしましょう。

化粧水がヒリヒリすると感じたときの対策

昨日までは何も問題がなかったのに、今日になったら急に化粧水がしみて肌がヒリヒリするということもあります。急に肌が敏感になったわけではなく、肌に疲れやダメージが蓄積していたのでしょう。肌がヒリヒリするのは、SOSだと受け取って早めにケアをしてあげることが大切です。

スキンケアで肌のヒリヒリを改善するといっても、スキンケアをすると肌に刺激を感じるのでは何もできないと思うかもしれません。この場合、最低限のケアをすること、肌に優しいスキンケア用品を使うという解決方法があります。一番よくないのは、肌が敏感になっているからといって何もせずに放置してしまうことです。

洗顔をして化粧水も何もつけずにいると、肌は確実に水分を失っていきます。肌表面にバリア層ができていなければならないのに、水分が足りていないために乾燥する一方になってしまうのです。これでは悪循環ですから、まずは化粧水選びをしましょう。
肌に刺激を感じた化粧水は、いったん使用を中止してください。化粧水に配合されている成分が、刺激になっている可能性があるためです。洗顔料も刺激になるようでしたら、洗顔はぬるま湯でおこなっても大丈夫です。ただし、熱いお湯だけは使わないようにしましょう。熱いお湯は乾燥を招く原因ですから、かなりぬるいと感じるお湯を使うようにします。冷たい水では汚れや古い角質が落ちない可能性があるため、ぬるま湯がベターです。

メイクを落とすクレンジングも、優しい素材のみを使った低刺激のものを選びましょう。クレンジングをするときに、肌への刺激を抑えられることも大切です。汚れや皮脂を落とした後に肌の水分を補うため、保湿作用などのある美容成分が配合されていれば理想的です。優しくマッサージするようにクレンジングしたら、クレンジング剤が残らないようにすすぎをしっかりおこないます。このときも、刺激に注意してください。

すすいだ後の水分は、タオルで優しく叩くようにして拭き取りましょう。ゴシゴシこするのは厳禁で、乾燥を生んでしまいます。水分を取り除いたら、保湿成分が配合されたオールインワンゲルやクリームなどで肌にうるおいを与えてください。何品も化粧品を使うのは肌の刺激につながりかねませんから、1品でお手入れを完了できるのがよいでしょう。

ヒリヒリがおさまってきたら、以前使っていたスキンケアやケア方法に戻っていいかと思うかもしれません。しかし、ヒリヒリがおさまってからも、しばらくは刺激の少ないスキンケア用品を使ったほうが安全です。肌のターンオーバーには28日前後かかるといいますし、少なくとも1ヶ月程度は様子を見ておいたほうが肌トラブルを避けることができるでしょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら