化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

ニキビを改善するための化粧水の選び方 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

ニキビを改善するための化粧水の選び方 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

ニキビを改善するための化粧水の選び方

2018.01.09

ニキビを改善する効果が高いと言われている化粧水を使用しているのに、ちっとも改善されないという場合は、もしかするとその化粧水がお肌に合っていないのかもしれません。ニキビができやすい方の特徴として、皮脂の量が多いことが挙げられますが、元々皮脂の量が多くてニキビができやすいのか、乾燥が原因で皮脂の分泌量が多くなってしまっているのか、それによって使用する化粧水も変える必要があります。

原因は乾燥?

元々皮脂の量が多いのであれば、お顔の全体がベタついている状態で、毛穴が開いてしまっていることも多いです。そういった場合は、油分の多いコスメなどはできるだけ使用しないで、お肌に優しい成分で作られているさっぱりタイプのコスメを使用してみてください。 額、鼻、顎が皮脂でベタついていて、頬などは乾燥しているという場合は、反対に保湿力の高いコスメを使用することで改善できる可能性があります。乾燥が原因で皮脂の量が増えてしまっているかもしれませんから、手の平がお肌に吸い付くぐらい何度も重ね付けし、保湿するようにしてみてください。ただ、ニキビができている状態ですと、お肌も弱ってしまっている証拠ですから、この場合も油分は少ないコスメの中から選ぶように心がけましょう。

もし、にきびができてしまったら?

ニキビができてしまったらなるべく肌に刺激を与えないことが改善への近道です。 あまり気にしすぎるとそれが心身的なストレスになり悪循環になってしまうこともあります。 使用する化粧水を変えてみるのも良い対策になるかもしれません。一口に化粧水といっても配合されている成分に色々と違いがあります。油分やエタノールなどはニキビを刺激して悪化させることがあるのでオイルフリーやアルコールフリーなど刺激の少ないものを使用するようにしましょう。

ニキビ肌に合ったスキンケア

ニキビを予防するためには肌を清潔にすることと肌を保湿することが重要です。きちんと毎日、洗顔することを心がけ肌を清潔に保ちましょう。しかし、過剰な洗顔(ごしごしと強く擦るなど) には気をつけてください。洗顔が強い刺激になってしまい乾燥・肌荒れの原因になってしまうことがあります。洗顔後に化粧水で肌を保湿する際にはニキビの原因になりにくいものを使用しましょう。 化粧水の中には「ノンコメドジェニックテスト済み」と表示されている商品があります。これはニキビになりにくい成分が使われているものに表示されていて、毛穴がつまりにくいということがテストで証明されています。ニキビができやすくて困っている方などはこういった配合されている成分に気を配って化粧水を使用すると良いでしょう。

まとめ

ニキビを予防するために常に肌を清潔に保つことが大切です。お肌の化粧水で保湿をする際には配合されている成分に注目しニキビになりにくいものを使いましょう。 しかし、「ノンコメドジェニックテスト済み」と表示されている化粧水でもニキビを治すものではなくあくまで予防・悪化させないためのものなので日ごろからお肌を清潔にしておくことを心がけましょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら