化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

化粧水の前の導入液はどんな肌の人が使うべき?化粧水の効果を上げるためにできること |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

化粧水の前の導入液はどんな肌の人が使うべき?化粧水の効果を上げるためにできること |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水の前の導入液はどんな肌の人が使うべき?化粧水の効果を上げるためにできること

2017.12.28

洗顔やクレンジングをした後に欠かさず化粧水をつけているのに、肌が思うように潤わないということがあります。原因として考えられることには、加齢や肌トラブルなどがあげられます。いずれにせよ、化粧水が浸透しにくいままでは肌が健康な状態でいられません。ここでは、化粧水の効果を感じられない原因や化粧水前のブースターの効果について紹介しましょう。

化粧水の効果を感じられない

朝晩欠かさず化粧水をつけているにもかかわらず、保湿効果を感じられないということがあります。その場合、化粧水が肌に浸透していないことが考えられます。原因としてあげられるのは、加齢によって肌がごわついて化粧水を受け入れにくくしている、肌トラブルによって毛穴が閉じてしまっているなどです。

毛穴が閉じてしまっていると、せっかくの化粧水も入り込む隙がありません。余分な角質や皮脂が毛穴をふさいでしまっている場合は、洗顔やクレンジングが足りないのです。かといって、強い刺激を与えて洗顔やクレンジングを行うのは逆効果です。正しい洗顔やクレンジング方法で、しっかりと余分な汚れや皮脂を落とすことが大切です。ときには、その日の汚れだけでなく、何日分、何年分も汚れが蓄積していることもあります。その場合は、スペシャルなクレンジングをするなどを検討してみるのもよいでしょう。

洗顔やクレンジングのすすぎを水で行っている人も、毛穴が閉じてしまって化粧水が入りにくくなります。年間を通して、洗顔のすすぎ水は32度程度のぬるま湯に統一するのが理想的です。

化粧水は冷たいのが基本ですから、それだけでも肌には浸透しにくくなります。夏場などは肌が自然に温まって毛穴が緩んでいるものの、寒い季節になれば毛穴が縮まっているため冷たい化粧水は余計に浸透していきません。ホットタオルで顔を温めて、化粧水自体を手のひらで温めてから肌につけるという方法で対策できます。

ブースターで肌を柔らかくしてから化粧水をつける

化粧水を浸透させる方法にもいろいろありますが、化粧水の前にブースターをつけるという方法もあります。ブースターというのは、化粧水の前に使うプレ化粧水のことです。化粧水の前に化粧水?と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、化粧品メーカー各社からブースターは発売されています。

化粧水タイプではなく、オイルタイプのブースターもあります。オイルを化粧水前につけたら、その後の化粧水が浸透しにくくなるのではないかと心配されそうです。しかし、ブースターオイルは、さらっとした使い心地で肌になじみしやすく出来ています。肌の状態を整えるために使われ、その後の化粧水の浸透度も抜群によくなると美容のプロの間でも評判なのです。

ブースターオイルといっても、油分を含んだものなら何でもいいというわけではありません。肌に自然になじむ、皮脂に近い成分のオイルのほうがよく、天然由来で肌に負担をかけにくいことも重視したほうがよいでしょう。大量につける必要はなく、ほんの2~3滴を肌に薄く伸ばせばOKです。その際に、肌をこすらないように気を付けて、伸びのよいブースターを選ぶようにしてください。

化粧水タイプのブースターに、オイルを混ぜて使うのもひとつの方法です。あるいは、ブースターにするのではなく、本番の化粧水そのものにオイルを混ぜて使用している人もいます。いずれにしても、オイルはほんの少々でOKです。市販のブースターの場合、分子をナノ化するなどの技術で肌への浸透度を高める工夫をしています。このようなブースターについても、試す価値があるでしょう。化粧水を浸透させることは重要ですから、そのためにブースターで効果を得られるのであれば、積極的に使ってみてください。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら