化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

これでメイクもヨレない!朝の化粧水と夜の化粧水の使い分けのコツ! |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

これでメイクもヨレない!朝の化粧水と夜の化粧水の使い分けのコツ! |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

これでメイクもヨレない!朝の化粧水と夜の化粧水の使い分けのコツ!

2017.09.18

「メイクがくずれやすい」というのは、もしかしたら化粧水のつけ方に問題があるのかもしれません。朝の忙しい時間帯ではありますが、ここで一工夫するかしないかで昼間のキレイが決まるのです。

夜はもちろん、たっぷり保湿することが大事!メイクの持ちを良くするための、化粧水の正しい使い方について紹介します。

朝のメイク前のスキンケア

アイメイクなどのポイントメイクはバッチリでも、肝心のベースメイクがヨレヨレでは台無しです。メイク仕立ての頃はキレイでも、時間とともに粉を吹いたようになったり、ファンデーションが浮き出てしまう……そんな時は、朝のスキンケアを見直してみることをおすすめします。

どんなに時間がなくても、朝の洗顔を省略するのはNGです。布団の線維、ホコリ、寝ている間に分泌された皮脂などを、まずはさっぱりと洗い流しましょう。

洗顔料をたっぷりと泡立てて洗い、ぬるま湯ですすぐようにしてください。洗顔後はタオルで押さえるように水分をふき取ります。この時、ゴシゴシとこすらないように注意しましょう。

正しい化粧水の使用方法

朝のスキンケアで洗顔以上に大切なのが化粧水のつけ方です。肌質による正しい化粧水のつけ方を紹介しましょう。

まず、乾燥肌の人はたっぷりと水分を補う必要があります。ただし、1回に大量の化粧水をはたくようなことはやめましょう。そうするとどうしても水分が肌に浸透しないからです。数回にわけて手にとって何度も重ね塗りします。

脂性肌の人は「保湿するとベタつく」を感じる人もいるようです。しかし、水分が足りないとお肌は余計に皮脂を分泌しようとします。皮脂は水分の肌からの蒸発を防ぐバリアとして機能していますが、水分が不足することでよりバリア機能を高めるために皮脂の過剰分泌を招いてしまうからです。サッパリとした脂性肌用化粧水などを、必ず朝のスキンケアに取り入れてください。

混合肌の人は部位ごとに化粧水のつけ方を変える工夫をしましょう。何本かの化粧水を使い分けるのもおすすめです。乾燥しやすい目元、口元などはしっとりタイプの化粧水の重ね塗りして、テカりやすいTゾーンはサッパリタイプの化粧水を使うのも良いかもしれません。

夜はたっぷり保湿

化粧持ちを良くするには、夜のスキンケアも大事です。眠っている間の新陳代謝を活性化して、皮膚の生まれ変わり=ターンオーバーを正常化するように導きましょう。

そのためにはまず、古くなった角質をふき取り化粧水などでしっかりと除去するというのもひとつの方法です。

とくにお肌に元気が感じられない時には、化粧水によるパックをするのもおすすめです。パック専用シートや、コットンなどに化粧水をしみこませて潤いを補給しましょう。顔全体はもちろん、目元、口元のみというように気になる部位だけを重点的にパックしてみてもOKです。

夜のお手入れには高級美容液を併用している人も多いかもしれません。しかし、ポイントとなるのは化粧水でたっぷりと保湿できているかどうかです。大量に顔にはたいて吸収されないままの化粧水が肌に残っていては、かえって美容液の浸透を妨げてしまうこともあります。肌内部までしっかりと浸透させることができるように、まずは古くなった角質などの汚れをしっかりと除去し、丁寧に化粧水をパッティングしていくようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。メイクの持ちを大きく左右するスキンケア。その中でも化粧水のつけ方はカギを握っているとも言えます。

忙しい朝でも肌タイプ別に正しい使用法に注意して、夜はできるだけたっぷりと水分を補うことができるように注意してみてはいかがでしょうか。素肌を整えて、化粧崩れしにくい快適な毎日を過ごしてみませんか?

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら