化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

化粧水パックで保湿効果アップ!正しいケア方法 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

化粧水パックで保湿効果アップ!正しいケア方法 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水パックで保湿効果アップ!正しいケア方法

2017.03.27

保湿には様々な方法がありますが、乾燥肌には化粧水のパックをすることで保湿効果が得られることをご存じでしょうか。 お手軽な化粧水パックで、乾燥気味の肌をしっかり潤す効果が期待出来るのです。 簡単に出来る化粧水パックの方法をご紹介しますので、ぜひ試してみて下さい。

化粧水パックでしっかり肌を保湿

化粧水パックをすることで、化粧水を肌に十分浸透させるので保湿効果が期待できます。肌が潤うことでキメが整い、化粧ノリも良くなるといったメリットもあります。化粧水は、顔全体にいきわたらせた後、時間をおき、肌の潤い状態を確認して数回繰り返す方法が良いとされています。しかし、朝ゆっくりとスキンケアをする時間がない場合は、化粧水パックの方が時短になることもあります。化粧水パックは2~3分ほどで終わらせることが出来ます。時間のない朝ですが、2~3分の化粧水パックで化粧ノリも良くなるならやっても損はないでしょう。

お手軽な化粧水パックの正しいケア方法

化粧水パックの時間は3分程度が目安です。化粧水のタイプに合わせて、さらっとしたタイプは少し短めに、しっとりとしたタイプは少し長めになど時間を変更する方法もあります。いずれもパック自体が乾いてしまう前には終わりにしましょう。パックは長時間すればするほど効果のあるものではないので、パックの時間は注意が必要です。パック自体が乾くと肌の水分も乾いてきてしまうので、乾燥の原因になってしまいます。簡単にできる化粧水パックですが、パックに向いていない化粧水もあります。化粧水に「アルコール」や「エタノール」など揮発性の高い成分が含まれている場合、蒸発するのが早いので乾燥も早く、パックには向いていません。パックをする際には、化粧水にアルコール成分が含まれていないか忘れず確認しましょう。
化粧水パックは、化粧水とコットンで簡単にできます。ひたひたになるまでコットンに化粧水を染み込ませ、均一な厚さになるよう割いたら、おでこや頬、鼻、あごなど顔全体に張り付け、時間が経ったらはがすだけです。このときコットンはきれいに割けるものを使うと、お肌にも優しいです。また、コットンに化粧水を含ませる前に、水で全体を湿らせて軽く絞っておくと、使用する化粧水の量が少なく済みます。
化粧水パックの後も普段通りのスキンケアを忘れずにしましょう。化粧水パックは水分を与えているだけなので、そのままでは乾燥してしまいます。化粧水パックでしっかり保湿をしたら、その後のスキンケアで保湿をキープすることが大切になります。

化粧水パックで美肌と保湿を

肌の表面には「皮溝」と呼ばれる溝と、その皮溝に囲まれてできた盛り上がりの「皮丘」があります。皮溝が細く、皮丘が規則正しく並んでいると、キメが整っている状態になります。キメが整っていると、肌の表面がつるんとした、透明感のある肌になります。皮丘がしっかりと水分を含んでいると、ふっくらと盛り上がり、皮溝も目立たず、キメが整った状態になります。逆に水分が十分でないと、しぼんでしまい、皮溝も目立つため、キメが乱れてしまいます。キメが乱れた肌では化粧ノリも悪く、崩れやすさにも繋がってしまいます。普段の化粧水の使い方で、ジャバジャバ化粧水をつけいているにもかかわらず、なぜか化粧水の水分が肌に十分浸透していない場合、肌は乾燥状態になっており、キメも乱れていると考えられます。

そんな方は化粧水パックによって本来肌が保てる水分を得られるので、肌が潤い、キメが整う効果が期待できます。理想は毎日化粧水パックを行うことです。3分程度でできるものなので、時間をみつけてこまめにすることで肌のキメを保つことが出来るのです。キメが整った状態だと化粧ノリも良くなるので、化粧水パックはおすすめの保湿方法です。化粧水にも色々な種類があります。自分の肌にあった化粧水でパックを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

化粧水パックを毎日2~3分することによって肌がしっかり潤い、キメの整った状態を期待出来ます。保湿によってキメが整うことで、化粧ノリも良くなり、肌自体も透明感のある美肌になる可能性も含んでいます。化粧水パックは様々なメリットがあるので、試してみることをおすすめします。正しいマッサージ方法も知りたい方はこちらから!

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら