化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

化粧水をつけるタイミングは?理想の時間と回数について |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

化粧水をつけるタイミングは?理想の時間と回数について |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水をつけるタイミングは?理想の時間と回数について

2017.03.26

肌のお手入れにかかせない化粧水ですが、化粧水の効果を発揮できる使い方をしていますか?化粧水には使うタイミングや、ベストな時間や量などを守ることによって、化粧水の成分をさらに肌に浸透させることが出来るのです。
せっかく化粧水を使っていても、効果が薄いともったいないですよね。
お肌のためになる化粧水の使い方をご紹介します。

化粧水をしっかり浸透させるタイミングと時間

化粧水をつけるタイミングは、お風呂上りや洗顔後にタオルで拭いたらすぐにです。洗顔によって皮脂がなくなりすぐに乾燥し始めます。肌が乾燥してしまうと化粧水は浸透しにくくなってしまうので、タイミングを逃さず、出来るだけ早くつけることをおすすめします。そして化粧水をつけた後は少し時間を置くことも大切です。

1分から3分ほど時間を置くことで、化粧水が肌に浸透し、馴染むことが出来ます。化粧水をつけた直後に乳液や美容液など次の基礎化粧品を使っても、肌の表面で化粧水と混ざってしまい、効果を弱めてしまいます。化粧水は肌に水分を与える役割があるのに、肌に馴染む前では水分が十分に浸透せず、潤い不足にも繋がります。肌の保湿のためにも、化粧水をつけた後は1~3分ほど時間を置き、化粧水をしっかりと肌に浸透させる時間を確保しましょう。

化粧水の浸透力を上げるベストな回数と量

化粧水は一度にたくさんつける必要はなく、顔全体にいきわたる程度の量が丁度良いです。一度にたくさんの量をつけても、化粧水が浸透しにくい状態になっていますし、肌が保てる水分量は決まっているのでせっかくの化粧水を無駄にしてしまいます。しっかり浸透させるには適切な量をつけていくことです。顔全体にいきわたらせた後は時間を置き、肌が潤ったのか確認をしましょう。確認方法は簡単で、頬に手のひらをつけて放します。

このとき、手のひらに頬がくっつくようにもちっとした感触があれば肌が潤っていることになります。もしまだであれば、もう一度化粧水をつけて肌が潤うまで繰り返します。肌が潤うまで繰り返す回数は人それぞれ、またその日の肌の状態によって違うこともあります。自分の肌の状態を確認しながらつけることが、化粧水をつける上で大事なポイントになります。化粧水を繰り返しつける回数は数回であれば問題ありませんが、10回近く繰り返してしまう場合は、その他のスキンケアや生活習慣など見直すこともおすすめします。
また、一日のうちに何度も化粧水を使って肌を潤すことは逆効果になることもあります。もともと肌には乾燥を防ぐ機能がありますが、何度も保湿してしまうと乾燥を防ぐ機能が低下し、乾燥を招いてしまいます。適切なタイミングで化粧水を使うことが、肌を潤すことに繋がります。

過度な保湿は逆効果?適度な保湿ですっぴん美肌

保湿の不十分な乾燥肌では、ニキビや肌荒れなど肌トラブルの原因になってしまいます。過度な保湿も逆効果になってしまうので、適度な保湿を心がけましょう。時間がない人も後から後悔しないよう、化粧水での保湿を習慣化することをおすすめします。
朝など化粧水をつけて待っている時間が惜しいときは、その間に別のことをして時間を置いたり、化粧水パックを使ったり、出来る範囲での習慣化を目指しましょう。日々の化粧水での保湿が習慣化できれば、肌トラブルが遠ざかり、すっぴん美肌に繋がります。

まとめ

適切なタイミング、時間や量を使うことが化粧水の効果を発揮できる方法といえます。毎日使う化粧水ですから、お肌のためにも効果が得られる使い方をしていきたいですね。化粧水での保湿を習慣化し、すっぴん美肌を目指しましょう。
関連コラム:化粧水は絶対に美容液より先?

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら