化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

化粧水の保存方法を工夫して長持ちさせよう |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

化粧水の保存方法を工夫して長持ちさせよう |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水の保存方法を工夫して長持ちさせよう

2017.03.25

化粧水はどこでどのように保存していますか?
保存場所や保存方法で、化粧水の品質が劣化していることもあります。
毎日使う化粧水が劣化していては、スキンケアが台無しです。直射日光や高温多湿を避け適切に保存して、少しでも劣化を防いでいきましょう。

化粧水の正しい保存場所!冷蔵保存は正解なの?

化粧水の保存は特に記載がない場合、常温で保存できるように作られています。そのため、化粧水は常温保存で十分なのです。ほとんどの化粧水に「直射日光や高温多湿を避ける」ように記載されているので、それを避けようと化粧水を冷蔵庫で保存されている人もいるのではないでしょうか。実は、冷蔵庫は化粧水の保存場所としては不向きな点があります。化粧水は冷蔵保存によって、成分の一部が結晶化してしまうことがあるのです。
成分が結晶化してしまった化粧水では効果が薄くなってしまったり、肌を傷つけてしまう可能性も出てきます。また、冷蔵庫で保存している化粧水を使うときに常温に戻して、使った後はまた冷蔵庫へ、といったように温度変化を繰り返してしまうと品質の劣化に繋がります。せっかくのスキンケアが化粧水の保存で台無しになってしまうこともあるので、注意が必要です。直射日光が当たるなど高温になる場所でも劣化してしまうので、冷暗所に置くことをおすすめします。多湿になる場所では余計な水分が入ってしまい、変質してしまうこともあるので気を付けましょう。
夏場などどうしても部屋自体が高温になってしまう場合は、冷蔵庫に入れた方が良いこともあります。化粧水を冷蔵庫に入れる場合は、冷やしすぎないようにタオルなどで包んで、野菜室に入れることをおすすめします。夏場の日焼け後など冷たい化粧水を使いたいときも、同様にタオルで包んで野菜室保存が良いでしょう。温度変化は出来るだけ避けた方が良いので、夏前までに常温保存の化粧水を使い切り、夏場は使い切れる量の化粧水を野菜室保存するという方法もあります。また、野菜室は野菜についていた土などで汚れていることもあるので、化粧水を入れる場合は衛生面でも十分に気を付けましょう。

手作り化粧水の菌の繁殖を抑える保存方法

手作り化粧水は保存料や防腐剤などが入っていないため、雑菌が繁殖しやすくなっています。1週間~10日を目安に使い切るようにしましょう。菌の繁殖を抑えるため、冷蔵保存することもおすすめします。雑菌が化粧水の保存容器や使用する器具などに付着したままでは、化粧水が雑菌だらけになってしまい、肌にも悪影響になってしまいます。そうならないためにも、保存容器や使用する器具はきちんと消毒をすることが大切です。消毒方法は素材によって異なり、ガラスや金属の場合は煮沸消毒、熱に弱いプラスチックの場合は消毒用エタノールによるアルコール消毒となっています。

保存期限を守って化粧水の劣化を防ごう

使用期限が記載されている化粧水は少ないですが、開封した化粧水は半年を目安に使い切ると良いといわれています。開封した化粧水は、空気に触れて酸化したり、どんなに気を付けていても使用しているうちに雑菌が入ってしまいます。雑菌が入らないように、ボトルの口や蓋は出来るだけきれいにし、使用後はきちんと蓋を閉めておきましょう。化粧水を出す際にも、ボトルの口に手が当たらないようにしておくと、手から菌がうつることを防げます。開封から半年も経っていない化粧水でも劣化してしまっていることもあるので、異臭や変色などあった場合は使用を中止しましょう。酸化や菌の繁殖した化粧水は肌トラブルの原因にもなってしまうので、化粧水は開封したら惜しまず使い切ることが大切です。

まとめ

化粧水は保存方法や場所を間違えてしまうと、菌の繁殖や品質の劣化などを招いてしまいます。品質の劣化した化粧水では、スキンケアどころか、肌トラブルを引き起こす原因になってしまう可能性があります。化粧水は適切に保存し、速めに使い切ることで、スキンケアとしての効果を発揮してくれるでしょう。
保存方法の次は適切なスキンケアの方法を知ろう!!

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら