化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

化粧水に乳液や日焼け止めを混ぜるのはOK |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

化粧水に乳液や日焼け止めを混ぜるのはOK |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水に乳液や日焼け止めを混ぜるのはOK

2017.01.27

忙しい朝のスキンケアは、とても面倒です。洗顔後に化粧水をつけて、美容液をつけて、乳液をつけて、日焼け止めを塗って、化粧下地を重ねて、化粧をする……。そんな手間をかけるなら、もう少し寝ていたいでしょう。では、これらのスキンケア用品を混ぜるのは大丈夫なのでしょうか。

■化粧水に乳液を混ぜてもいいの?

化粧水は、肌に水分を補うもので、成分の大半は水です。一方、乳液は水分が逃げないように、蓋をする役割があります。こちらは主に「エモリエント剤」と言って、油脂や脂肪酸が含まれています。このように、化粧水と乳液の性質は正反対です。 水と油が混ざり合わないように、化粧水に乳液を加えても、ほとんどが分離してうまく混ぜることができません。たとえ混ざるとしても、両方を均一につけるのは難しいでしょう。ある箇所は水分が行き渡らず、ある箇所は水分が逃げやすくなり、結局は何の効果も得られないまま乾燥を招いてしまいます。 逆に、化粧水と乳液の成分同士が結びついて、思いがけない肌トラブルを引き起こす可能性もあります。こうしたリスクを避けるためにも、化粧水は化粧水だけでつけて、その後に乳液を重ねるべきでしょう。

■日焼け止めなら混ぜてもいいの?

日焼け止めは、紫外線が肌に吸収されるのを防ぐために、肌の上で散乱させる「紫外線散乱剤」か、代わりに紫外線を吸着する「紫外線吸着剤」のどちらかが含まれています。効果を発揮するには、均一にムラなく塗られていなければいけません。 ローションやウォーターゲルタイプの日焼け止めなら、化粧水と混ざるかもしれませんが、どちらもムラができて十分な効果を発揮できないでしょう。何より、日焼け止めは保湿を済ませた上で塗るものです。 だからと言って化粧下地と混ぜると、やはり日焼け止めの効果を発揮できないだけでなく、化粧下地も均一につけられず、化粧がよれてしまいます。どうしても同時に使いたい場合は、UV効果のある化粧下地か、化粧下地としても使える日焼け止めを選びましょう。

■オールインワンゲルは大丈夫なの?

スキンケア用品の中には、1つで複数の機能を持たせた「オールインワンゲル(またはゲル)」があります。例えば化粧水から乳液、美容液、化粧下地まで、たった1回つけるだけで済むのです。 化粧水や乳液、美容液、化粧下地などを単に混ぜるのではなく、同様の効果を持つ成分をうまく配合し、1つで多くの役目を果たせるようにしています。その代わり、中和剤や溶化材、乳化剤など、肌に負担をかける成分も含まれているため、敏感肌や乾燥肌の人は注意が必要です。それぞれの効果も単独でつけるよりは劣ります。 ただし、忙しくてスキンケアを怠るよりも、オールインワンゲルをつけておけば、肌は保護されます。複数のスキンケア用品を揃えなくても済むので、コスト面でも優れています。どれかをつけ忘れる心配もありません。自分で混ぜるよりも、はるかに効果的で安全です。

■まとめ

いくらスキンケアの時間を短縮したくても、化粧水に乳液や日焼け止めなどを混ぜるのは感心できません。すべての効果を発揮できないまま、肌トラブルになる恐れがあるからです。オールインワンゲルなど、1つで複数の効果を持つスキンケア用品を活用しましょう。 関連コラム:化粧水とワセリンの使い方を学んでぷるぷるした潤い美肌を目指そう

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら