化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

さらさらタイプ・とろみタイプ|インナードライに効く化粧水は? |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

さらさらタイプ・とろみタイプ|インナードライに効く化粧水は? |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

さらさらタイプ・とろみタイプ|インナードライに効く化粧水は?

2017.01.27

ふと鏡を見ると顔が皮脂でテカり、そのたびに油取り紙を使ったり、念入りに洗顔したりするけど、一向に改善される気配が無い……。もしかしたら「インナードライ」かもしれません。そんな時は、さらさらした化粧水と、とろみがある化粧水、どちらが効くのでしょうか。

■そもそも「インナードライ」ってどんな状態なの?

「インナードライ」とは、顔が皮脂でテカっているのに、内側は乾燥している状態です。「乾燥性脂性肌」とも言います。肌の水分量が少なく、保水力が低下しているので、これ以上蒸発しないように皮脂で蓋をしているのです。 普通の脂性肌(オイリー肌)との違いは、肌のごわつきや、つっぱり、化粧ノリの悪さなど、乾燥肌特有の症状があることです。インナードライと気づかずに油取り紙や洗顔で皮脂を落とし過ぎると、余計に悪化します。 原因は乾燥肌と同じく、食事の乱れや睡眠不足、ストレス、エアコンの風、体内の水分不足です。クレンジングでゴシゴシこすったり、洗浄力が強い洗顔フォームを使ったりするなど、普段のスキンケアを間違っても、角質や肌細胞が衰えてインナードライになります。改善するには、化粧水で角質を潤し、肌細胞の保水力を高めなければいけません。

■インナードライに必要なのはとろみ成分?

さらさらしている化粧水と、とろみがある化粧水は、主に「グリセリン」の配合量が異なります。グリセリンは植物油や動物性脂肪から作られる成分です。粘りがあり、保水力が高く、肌に水分を補えるので、化粧水には欠かせません。だから、化粧水はとろみがあるのが普通です。 けれども、その使用感が苦手な人もいます。そこで各メーカーは、同様の効果を持ちながら粘りの少ないBG(ブチレングリコール)、PG(プロピレングリコール)、DPG(ジプロピレングリコール)をグリセリンの代わりに使って、さらさらした化粧水を提供しています。 けれども、BG、PG、DPGはいずれも合成物質であり、PGは石油から作られるのがほとんどです。また、さらさらタイプの化粧水には、使用後のさっぱり感を出すためにアルコール(エタノール)を多めに配合しているものがあります。清涼や殺菌効果がある反面、水分の蒸発を招く性質があります。いずれも乾燥肌には負担になるでしょう。 配合している成分にもよりますが、インナードライには「とろみタイプ」の化粧水を使った方が改善を期待できます。多くのメーカーでも、さらさらタイプは脂性肌向けと位置付け、それ以外の肌にはとろみタイプの使用を推奨しています。 関連コラム:ニキビを防ぐ化粧水!?

■肌の保水能力を高める成分に注目

どんなに肌を潤す化粧水をつけても、そのままでは水分が蒸発します。乳液やクリームなどの油分で蓋をしなければいけません。インナードライになると、肌がテカるのを防ぐために化粧水だけで済ませがちですが、むしろ逆効果です。 せっかく蓋をしても、肌の保水力が衰えている限りは引き続き乾燥しやすくなります。保水の役目を果たす天然保湿因子(NMF)や、細胞間脂質の働きを補う成分が必要です。例えば前者はアミノ酸やミネラル、後者はセラミドです。これらを配合した化粧水は概ね高価ですが、インナードライに悩む場合は、使用を検討してみましょう。 もちろん、化粧水だけで改善するのではなく、普段の生活を見直すことも大事です。肌に必要な栄養を送るために、しっかり栄養を摂ったり、ターンオーバーを促すために十分な睡眠を摂ったり、水分をこまめに補給するなど、日頃から意識したいものです。

■まとめ

インナードライを解消するには十分な保湿と、保水力の改善が必要です。化粧水は、ナチュラルに肌を潤してくれる「とろみタイプ」が向いています。皮脂を取り除き過ぎず、健康的な生活を送るように心がけましょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら