化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

化粧水でかゆくなる方にはこの化粧水 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

化粧水でかゆくなる方にはこの化粧水 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水でかゆくなる方にはこの化粧水

2017.01.24

化粧水でかゆくなる原因

化粧水を使うと肌がピリピリとかゆくなったり、ヒリヒリ赤くなることはありませんか?初めて使う化粧水をつけてこのような症状が出る場合は、配合されている成分があなたの肌に合っていない可能性があります。特に敏感肌や乾燥肌の方は、化粧水に使われている成分によって肌にかゆみが生じるため、使う前に成分をチェックすることが大切です。また、ずっと使っている化粧水でかゆみを感じることもあります。このようなケースの場合は使う化粧水の成分ではなく、加齢やエアコンなどの乾燥によって肌の水分量が低下してしまったり、間違ったスキンケアをしている可能性が考えられます。 関連コラム:化粧水は絶対に美容液より先?

口コミで話題!敏感肌・乾燥肌におすすめの化粧水

敏感肌や乾燥肌の方は、配合されている成分に注意をして化粧水を選ぶ必要があります。敏感肌や乾燥肌の方におすすめの、口コミで話題となっている化粧水をご紹介しましょう。肌がかゆくならない化粧水は、角質層の水分量を増やし肌に潤いを与えることができる成分が配合されているものです。角質層の水分の中でおよそ半分は、セラミドなどの角質細胞間脂質によって占められています。敏感肌や乾燥肌の方は、セラミドなどの成分が多い化粧水を選んでみましょう。また、化粧水にはさらさらタイプ・クリームタイプなど、様々なテクスチャーがあります。敏感肌や乾燥肌の方は、保湿効果の高いしっとりしているとろみのあるタイプの化粧水がおすすめです。

皮膚のかゆみを抑えるためには、保湿をすることも大切です。かゆみを感じた時に肌が赤くなる場合は、炎症を起こしている可能性があります。ビタミンC誘導体が配合されている化粧水を使いましょう。ビタミンC誘導体には3つのタイプがあるのですが、その中でも高浸透型のアスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)がおすすめです。APPSは抗酸化作用があるビタミンCを肌に浸透しやすい形にしたもので、安定型ビタミンC誘導体や進化型ビタミンC誘導体とも呼ばれます。ビタミンC誘導体よりも肌への浸透力が高く、肌の角質層まで成分が行き渡ります。浸透力の違いですが、従来のビタミンC誘導体のおよそ100倍近くにもなります。

かゆくならないための化粧水の正しい使い方と注意点

化粧水をつけてかゆみを伴う場合、肌の新陳代謝が乱れている可能性もあります。健康な肌の場合は、新しい角質が一定の早さで生み出されます。新しい角質は古い角質を皮膚の表面に押し上げて新陳代謝を行います。古い細胞が剥がれ落ちて生まれ変わることをターンオーバーというのですが、ターンオーバーサイクルが早すぎると肌がかゆくなり、化粧水をつけるとピリピリと感じたりします。ターンオーバーを正常に戻すためには、肌にやさしい化粧水を使い、保湿を心がけることが大切です。

化粧水を使う時は、つける量にも注意をしましょう。化粧水によって適量が決められているため、それ以上の量をつけすぎないことが大切です。化粧水をたくさん使うことで肌の保湿力が高まるわけではありません。多くの量をつけてしまうと、余分な化粧水が蒸発する時に、肌に必要な水分も奪ってしまいます。また、化粧水のつけ方ですが、ゴシゴシと擦るのではなく、両手で少し温めてじんわりと浸透させることが大切です。擦ってしまうと手の摩擦によって肌を傷つけてしまい、乾燥の原因を招きます。また、パンパンと何度もパッティングをすることも控えましょう。激しいパッティングは肌の水分量を逃がしてしまうことにつながります。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら