化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

乾燥肌は化粧水で正しい保湿 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

乾燥肌は化粧水で正しい保湿 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

乾燥肌は化粧水で正しい保湿

2017.01.24

どうして乾燥肌になるの?乾燥肌のメカニズム

乾燥肌の悩みを抱えている方は、口コミなどをチェックして保湿ができてしっとり潤う化粧水がないかなと探されているかもしれませんね。化粧水で保湿をする前に、まずはなぜ乾燥肌になってしまうのかというメカニズムから勉強しましょう。

乾燥肌は触ると皮膚の表面がガサガサしていたりザラつきを感じたりします。これは、皮膚の水分量が少なくなっており潤いが足りていないからです。皮膚の水分量は、皮脂・天然保湿因子、角質細胞間脂質という3つの物質でキープされています。これらの3つの物質は、加齢と伴に減少していったり、ストレスを受けて減ってしまったりします。また、毎日使う化粧水や乳液などの基礎化粧品の使い方を間違うことによっても減少してしまいます。肌の潤いをキープする物質が減ることによって、角質層の水分量が低下し乾燥肌を招きます。また、皮膚の摩擦によっても乾燥肌が生じます。乾燥肌を防ぐためには、皮膚をゴシゴシと擦らず、優しく洗顔をすることも大切です。

口コミでも話題!乾燥肌に有力な化粧水に含まれるおすすめの保湿成分

加齢に伴って、肌の潤いを保つために必要な角質細胞間脂質や天然保湿因子が減少してしまいます。乾燥肌を予防する化粧水を探す時には、年を重ねるにつれて減ってしまうこれら2つを補う成分を考えてみましょう。乾燥肌の水分をキープするために必要な成分としておすすめなのは、ヒアルロン酸やコラーゲン、グリセリンなどです。また、天然保湿因子の構成成分としては、セリンやグリシンなどのアミノ酸やピロリドンカルボン酸などがおすすめです。

乾燥肌の方は、肌のターンオーバーが乱れているため、紫外線の影響を受けやすく、シミやそばかすができやすい状態となっています。よって、美白効果が期待できる化粧水を選ぶのも1つの方法です。美白効果がある成分としておすすめなのは、プラセンタやビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はシミの生成を抑制する成分で、口コミでも人気が高い成分の1つです。使い続けることによって、「肌に潤いを感じた」「肌のハリやキメが整ってきた」などといううれしい口コミも数多くあります。

ビタミンC誘導体には、水溶性・油溶性・両方の効果を併せ持つ3つのタイプがあります。化粧水の成分をチェックする場合は、両方の効果がある高浸透型のビタミンC誘導体、アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)が入っているものがおすすめです。APPSは浸透力が極めて高く、シワやシミの改善に効果が期待でき、比較的刺激の低い安全な成分です。

化粧水で乾燥肌を予防する正しい保湿ステップ

乾燥肌を改善するために保湿成分配合の化粧水を使う時には、正しく使うことが大切です。化粧水はつけすぎてしまうと余計な水分が蒸発してしまいます。さらに、蒸発をする時には、肌に必要な水分まで一緒に失ってしまうのです。化粧水は適量の2分の1~3分の1程度を手にとり、手のひらに広げて温めてから肌に馴染ませていきましょう。

化粧水をつける時は、顔全体を手で覆うようにして、10~15秒程度ふんわりと押さえていきましょう。これを2~3回繰り返します。肌に化粧水が浸透する目安は肌のもっちり感です。手に吸い付くような感覚があれば、化粧水がしっかりと肌に入っている証拠ですよ!

化粧水パックで美肌を目指しましょう!

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら